学研が手がける、地域包括ケア!2サービスの提供を開始!

2017-03-30 00:00
「学研版地域包括ケア」の推進
株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研ココファンでは、「学研版地域包括ケア」に関する2つの新サービスの提供を開始する。
介護予防・健康増進のサービスを
同社では、これまでに要介護高齢者を対象とした、住宅・介護関連のサービスをおこなってきた。

これに対し、今回新たに提供するサービスは、高齢者を対象にした介護予防や健康増進に関連したサービス。新サービスを提供することにより、医療費や介護の社会保障費を効率的に運用することができると考えている。

「お弁当」と「大人の教室」
提供するのは、「学研のあんしん配食 ココファンのお弁当」サービス。同グループが運営中の「ココファン」にて提供する食事を弁当にし、高齢者宅に配達するものだ。

弁当の価格は、594円(税込み)。1日1回、夕食時に届ける。

もう一つの新たなサービスは「学研 大人の教室」。引きこもりがちになることで、認知症リスクが高まってしまう高齢者を対象に、オリジナルのプログラムを提供して認知症予防をはかるものだ。

オリジナルプログラム(脳元気タイム)を通して、外出機会の創出、脳の活性化などがおこなわれる。介護施設内の食堂など空きスペースを使用し、実施することが可能で、週1回90分となっている。

(画像は「学研の安心配食」ホームページより)


▼外部リンク

独自の「学研版地域包括ケア」を拡充元気シニア向けの新事業 一挙に2サービス開始
https://prtimes.jp/main

こちらもどうぞ