2017年夏期!「認知症ライフパートナー検定試験」の受付開始

2017-03-25 01:00
日本認知症コミュニケーション協議会
一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会では、7月16日(日)に認知症ライフパートナー検定試験を実施。
3月13日(月)より申し込み受付を開始している。今年は、全国12会場での試験を実施する予定だ。

認知症ライフパートナー検定試験
「認知症ライフパートナー検定試験」は、認知症のケアにかかわる人のための資格。認知症の一般的な知識やアクティビティ・ケアの技術を取得する。

アクティビティとは、回想法や、音楽・運動・アロマセラピーなどの手法のこと。これらを用いて認知症の人の生き方、趣味・身体状況などを理解した上で、おこなうケアをアクティビティ・ケアという。

検定試験
検定試験は、1級・2級・3級が設定されている。

3級は、「認知症ライフパートナー検定試験 3級公式テキスト」より出題され、認知症の基礎知識や、アクティビティを使用したコミュニケーション手法、福祉制度の内容などの理解度が問われる。

2級は同じく「認知症ライフパートナー検定試験 2級公式テキスト」から出題がおこなわれる。認知症の人の病気や、生活習慣病、食事、睡眠、排せつなどより深い知識がとわれるものだ。

1級では、テキスト外からの出題もおこなわれる。アクティビティ・ケアについては、計画や、評価方法まで。住環境の重要性や、地域包括ケアシステムと認知症ケアの役割など多岐にわたって出題される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

認知症の予防、進行・虐待防止のためのコミュニケーション力を身につける2017年夏期「認知症ライフパートナー検定試験」申込受付開始!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

こちらもどうぞ