日本認知症グループホーム協会、認知症施策等に関する研修会を開催

2017-02-14 17:00
東京都新宿区にて
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会では、研修会「認知症施策等に関する研修会」を開催する。

日時は、平成29年3月23日(木)14:00~16:40 (13:30受付開始)。場所は、新宿文化センター 小ホールだ。費用は、会員 1,500円、非会員 2,500円となっている。
参加希望者は、申込用紙をダウンロードのうえ、FAXにて申し込むこと。締め切りは、平成29年3月16日(木)となっている。

講演内容
講演は2部制。第1部は、「介護保険制度改正及び今後の認知症グループホームのあり方」。講師は、厚生労働省老健局総務課 認知症施策推進室長の宮腰 泰子氏だ。

昨年12月に、「介護保険制度見直しに関する意見」が公表された。これに伴い、平成30年度の介護報酬改定に向けての議論が活発になってくる。

講演では、介護保険制度や、今後の認知症グループホームのあり方などについて話がある。

リスクマネジメントについて
2つ目は、「グループホームにおけるリスクマネジメント~グループホームで起きる転倒・事故等の事例を踏まえて~」だ。講師は、介護・福祉系法律事務所「おかげさま」代表で弁護士の外岡 潤氏だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
平成28年度 認知症施策等に関する研修会 開催のご案内
http://ghkyo.or.jp/top

こちらもどうぞ

  • 不正額は約170万円島根県は、3月17日に介護報酬を不正に請求し、監査時に虚偽の報告をしたとして、島根県出雲市内にある訪問介護事業所の指定を取り消すと発表した。 県の発表によると平成27年1月~平成28年3月の期間、訪問介護の報酬計約170万円を不正に受給してい…
  • 改定論議に必要なデータ収集13日に厚生労働省が開いた「第13回社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会」では、介護報酬改定をめぐる議論に必要なデータ収集を目的とした5種類の調査を行う方針が決定された。 提出された「平成27年度介護報酬改…
  • ノンフィクション作家の沖藤氏なども参加改正介護保険法、社会保障制度などをテーマに、東京都内で連続勉強会としてハスカップ・セミナーを開催している市民福祉情報オフィス・ハスカップは、介護保険改正の課題を共有する集会を、3月15日(水)に参議院議員会館にて開…
  • 不正請求額は890万円を超える鳥取県は、鳥取市内の「特定非営利活動法人悠ゆうの郷」ととっとり福祉サービス有限会社が運営する「とっとり福祉サービス指定訪問介護事業所」について指定を取り消しにすると発表した。 不正請求額は、2つの事業所合わせて890万円を超…
  • 今後のスケジュールも27日に開催された厚生労働省による社会保障審議会・介護保険部会においては、自治体が計画を策定するための参考としての活用が期待される「基本指針」の骨子が提示された。 同会議で示された「基本指針」では、現状と課題として「第7期の基本指…