ロボットスタート、認知症の人に情緒安定効果を持つ「テレノイド」と提携

2016-07-08 03:00
著しい情緒安定効果がみられる
ロボットスタート株式会社は、7月5日、小型の遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」の企画・提供を行う株式会社テレノイド計画と業務提携契約を締結したと発表した。

「テレノイド」は、人間としての必要最小限の見かけと動きの要素のみを備えたロボット。高齢者、特に認知症の人がテレノイドを抱きかかえ会話をすると、著しい情緒安定効果がみられるという。

声の主の姿形をロボットに投影
「テレノイド」は、実在する人間の姿形に近づけた外観を持つ他の遠隔操作型アンドロイドとは異なり、誰にでもみえるフォルムを持つ。それゆえに、「テレノイド」から知人の声が聞こえると、ユーザはその声の主の姿形をこのロボットに投影することができるという。

「テレノイド」を扱うテレノイド計画は、株式会社国際電気通信基礎技術研究所・石黒浩特別研究所所長が中心となり開発したテレノイドを使ったサービスを発表している企業。サービス提供前から様々なメディアで取り上げられるなど、大きな注目を集めている。

様々な取り組みが開始される
今回テレノイド計画と業務提携を結んだロボットスタートは、様々なロボットアプリ開発やロボットメーカー向けにコンサルティングを創業以来展開。コミュニケーション領域のロボットの様々なノウハウを蓄積している。

今回締結された業務提携により、両社の知見は融合されることとなる。「テレノイド」のサービス提供に向け、マーケティング支援・販売支援・技術支援・開発環境整備を中心とした様々な取り組みが開始されるという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

テレノイド計画と業務提携 小型の遠隔操作型アンドロイドのサービス提供に向けて様々な取り組みを開始 - ロボットスタート株式会社
http://robotstart.co.jp/press27.pdf

こちらもどうぞ