第9回日本の福祉現場力を高める研究大会~KAIGO NO MIRAI未来の社会は「介護現場」から創るvol.2 介護ロボット、外国人採用、ノマドワーカー・・「介護の新たなキーワード」実践者から介護経営

「第9回 日本の福祉現場力を高める研究大会」第1部のパネルディスカッションは、介護ロボット、外国人採用、ノマドワーカー、3つの分野における実践者が登壇。NPO法人Ubdobe代表理事・岡勇樹氏が司会・コーディネーターとなり、人材不足に悩む介護経営者に、問題解決の新たな道を開く。従前の手法にこだわらず、柔軟な対応が求められることを痛感する内容であった。

関連記事:第9回日本の福祉現場力を高める研究大会~KAIGO NO MIRAI未来の社会は「介護現場」から創るvol.1 介護の新たな可能性と問題解決力に焦点

関連記事:地域包括ケア時代に、医療と介護は何を求められるか?―1.「患者中心のケア」

登壇者

●徳山 創(社会福祉法人善行会 介護ロボット研究室長

●宮本隆史(社会福祉法人善行会 特別養護老人ホームフロース東糀谷施設長) 

●小笹恵美(サイバーダイン株式会社)

●グスタフ・ストランデル(株式会社舞浜倶楽部 代表取締役社長) 

●片桐一彦(海士町社会福祉協議会 事務局長)

●高橋ルミコ(社会福祉法人新島はまゆう会新島デイサービスセンター看護師)

コーディネーター●岡 勇樹(NPO法人Ubdobe代表理事)

介護ロボットは、利用者へのリハビリテーションや介護職の身体的負担の軽減に

介護ニーズは増えても、介護現場を担う人材が不足し、採用も困難を極める昨今。介護ロボットの導入と外国人採用は、問題解決には急務ともいえる。では、実際にどう活用していくのか。まずは、介護ロボットについて、実践者が語る。

徳山 創氏は、社会福祉法人に勤務しながら、介護ロボットの研究を行っている。介護ロボットというと、ターミネーターのような人型の屈強なロボットを想像するが、「入浴のときに浴槽にスムーズに入るための機器や、ベッドから起き上がり、床に足をつくとブザー音が鳴るセンサーマットなどもロボットです」。すでに、介護現場で日常的に取り入れられているものも多い。小笹恵美氏は、注目されるHALの機器を実際に動かし、近未来の利用者のリハビリテーションや、介護職の身体的負担の軽減を予想させる。

では介護現場はロボットだらけになるのか? と想像をめぐらせるが、同法人経営の特養施設長である宮本隆史氏は、「利用者様の身体能力や個性などにより、求められる機能が大きく違います」。コストの点で、大量生産しにくいことも、ネックになりそうだ。また、「『介護は人がやるものだ』という倫理観が、多少の邪魔をすることもある」とのこと。しかし、突き詰めれば、「ロボットを動かし、利用者に最大のメリットを提供するのは介護職という『人』の役目」(岡 勇樹氏)。ロボットと人をどうコラボレーションすれば、よりよい介護の提供ができるのか、考えて実践する力を持つのもまた、現場力だと語る。

介護ニーズは増えても、介護現場を担う人材が不足し、採用も困難を極める昨今。介護ロボットの導入と外国人採用は、問題解決には急務ともいえる。では、実際にどう活用していくのか。まずは、介護ロボットについて、実践者が語る。

左から徳山氏、宮本氏、小笹氏

次のページは・・ 外国人採用・・・12人のユニットにひとり外国人の介護職がいるぐらいなら問題ない


みんなのコメント

  • まだコメントはありません

コメントするにはログインが必要です。