ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.2

 介護経営における課題に中で業務効率化と離職率防止は大きなテーマだ。利用者サービスの質は担保されたままでスタッフの負担が軽減されるようなことがあれば、経営者としてはすぐにでも手を打ちたいところだ。少子高齢化の問題点は高齢者の介護だけでなく、それを支える人材を色々な業界で取り合うことにも波及する。では、少ない人材でどのように問題を解決していけばよいのか。その一つの方法にテクノロジーを使った解決方法が期待されている。

関連記事:ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるvol.1

事業効率化のための「介護ロボット」導入は・・・

 今年の6月、内閣府は経済財政諮問会議における取りまとめ「経済財政運営と改革の基本方針2015 について」を発表した。その資料の中で社会保障における公的サービスの産業化に関して「介護サービスについて、人材の資質の向上を進めるとともに、事業経営の規模の拡大やICT・介護ロボットの活用等により、介護の生産性向上を推進する」としっかりと明記されている。  これを具体的に解釈していくと、施設を大きい事業所に統合していくことで全体の固定費を下げる、インターネットとiPadのような入力・表示ツールを使うことで業務を効率化していく、そして新しいテクノロジーである介護ロボットなど現場に導入していくとによって、少ない人材でも現場が円滑に回るようにしていくことを促進していくと読み取れるのではないだろうか。  「介護ロボット」は聞いたことがあるが、実際にはどのようなものを指すのか定義はされていない。社団法人かながわ福祉サービス振興会が発行している「介護・医療分野ロボット普及推進モデル事業報告書」によると、移乗・入浴・排泄など介護業務の支援をする「介護支援型」、歩行・リハビリ・食事・読書など介護される側の自立支援をする「介護支援型・自立支援型」、利用者やスタッフを癒したり見守りをしてくれる「コミュニケーション・セキュリティ型」に分けられるとしている。

 また同会では、ロボット導入におけるこれまでに反省点として、「施設スタッフのロボットに対する認知の不十分」、「ロボット導入における効果や導入手順など、施設スタッフの不安」、「導入・運営費の経済的なリスク回避」があげている。これはロボットだけでなくタブレットを活用したICT導入にも同じことが言えそうだ。施設経営者、マネジャーが費用と効果を十分に検討して、メリットがあると判断した場合には、導入の道筋を敷き、スタッフ全員が活用できるような現場を作っていくことが今後の効率化のカギになっていくだろう。

※参考資料 社団法人かながわ福祉サービス振興会 「平成 23 年度 介護・医療分野ロボット普及推進モデル事業 報告書」 http://www.kaigo-robot-kanafuku.jp/image/CBDCCAD4__merged.pd

次のページは・・ 介護ロボット利用に対する現場の声は?


みんなのコメント

  • リハビリのための介護ロボは良いとおもう。以前、国際福祉機器展でホンダの展示で歩行アシストロボを見た。スタスタ歩けるのに驚いた。その後、筑波大で治験がされていると聞いた。よたよたしてる人にはとても良いと思う。

コメントするにはログインが必要です。