ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるvol.1

 介護経営における課題の中で業務効率化と離職率防止は大きなテーマだ。利用者サービスの質は担保されたままでスタッフの負担が軽減されるようなことがあれば、経営者としてはすぐにでも手を打ちたいところだろう。今回は課題解決の一つとして検討したいICTと介護ロボットについて取り上げる。

人材不足の中、今後はICTやロボットが重要なテーマに

少子高齢化の問題点は被介護者としての高齢者が増加することだけでなく、それを支える人材が色々な業界で取り合いになってしまうことにもある。

では、少ない人材でどのように問題を解決していけばよいのか。その一つの方法にテクノロジーを使った解決方法が期待されている。

今年の6月、内閣府は経済財政諮問会議における取りまとめ「経済財政運営と改革の基本方針2015 について」を発表した。

その資料の中で社会保障における公的サービスの産業化に関して「介護サービスについて、人材の資質の向上を進めるとともに、事業経営の規模の拡大やICT・介護ロボットの活用等により、介護の生産性向上を推進する」としっかりと明記されている。

これを具体的に解釈していくと、規模の大きい事業所を増やしていくことで全体の固定費を下げる、インターネットとiPadのような入力・表示ツールを使うことで業務を効率化していく、そして新しいテクノロジーである介護ロボットなど現場に導入していくとによって、少ない人材でも現場が円滑に回るようにしていくことを促進していくと読み取れるのではないだろうか。

次のページは・・ 介護ロボットとは?


みんなのコメント

  • まだコメントはありません

コメントするにはログインが必要です。