厚生労働省が示す介護保険制度の見直しに関する意見(案)について−1

テーマ 【コラム】佐藤慎也   2017-01-03
今回は社会保障審議会介護保険部会が、2016年の2月以降16回にわたって審議を重ねてきた介護保険制度の見直しに関する意見(案)が12月9日に取りまとめられましたのでその内容を、「地域包括ケアシステムの深化・推進」と「介護保険制度の持続可能性の確保」というテーマに沿って2回に渡ってお伝えしたいと思います。

関連記事:平成29年度予算編成から見る次期介護保険改定について

関連記事:介護保険施設等の指導監督(監査)業務について

介護保険制度の見直しに関する意見

 2016年2月から16回にわたった審議を重ねてきた介護保険制度の見直しは「地域包括ケアシステムの深化・推進」と「介護保険制度の持続可能性の確保」という2つの大きな観点にわけることができます。

 また、制度の見直し(介護保険改定)によって影響を受けるのは介護事業者さんだけではなく、利用者さん、保険者(市町村)という3者にわけることができます。「地域包括ケアシステムの深化・推進」の部分においては保険者に影響する内容が多く、「介護保険制度の持続可能性の確保」の部分については介護事業者さんと利用者さんに影響する内容が多くなっております。

次のページは・・ 地域包括ケアシステムの深化・推進


テーマ 【コラム】佐藤慎也   2017-01-03

みんなのコメント

  • まだコメントはありません

コメントするにはログインが必要です。