介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護マスト

介護保険・報酬・基準に関すること 閲覧数[905] | コメント[5]

介護職員処遇改善加算で...

ma!!!!!さん
介護職員処遇改善加算に関して、月額¥37,000支給されることが当法人で決まりました。
そこで疑問なのですが、
支給金額が上がった場合、税金と厚生年金の保険料の徴収のも増える場合があり、予測より手取り金額へ反映できない場合がでてきたりしないか?
といったことです。
増額分が、税金徴収で半減する畏れがあるのか、ご教授下さい。

収入が上がれば、税金負担が増えることは、当然であると考えではいますが...

2017-04-22 06:20:26

お気に入りに追加

コメント

カイジさん

37000円はすごいですね。

ありがとう

月額とはすごいですね。
私の法人は冬のボーナスで加算手当てが支給される予定です。
月収入が上がれば当然税金もあがりますよ。50万弱収入が上がりますからね。ただ、税金があがるのは6月からですよね。

2017-04-25 20:21:42

ゆうなさん

うちの法人ではそこまであがりません

ありがとう

お疲れさまです。
訪問介護事業所の者ですが。

処遇改善加算2を先日届け出をして15000円ほど月のお給料に反映をすると言うことになりました。
カイジさんがお話をされるように、税金も増額されますよね。

2017-04-26 07:27:35

37000円は凄い

ありがとう

私ところは、処遇改善で加算1ですが、26000円です。
厚生労働省のHPで「処遇改善加算」の案内が載っていますが
それぞれの施設で、同じ加算1でも会社から支給される金額が違うのがなんでだろう・・・。と単純に思ってしまいました。
収入が増えれば、税金も上がりますが少しずつ金銭面でも、介護職員に明るい光があたるといいですね。

2017-05-01 16:14:01

さん

処遇改善加算の報酬額は、請求額によって違う

ありがとう

介護保険から支給される処遇改善加算は、その月の介護報酬請求額によって違います。

また、サービスの種類によっても、パーセンテージが変わってきます。
ですから、会社によって支給される額が違います。

介護職員の収入が、加算によって上がりますから、所得税や社会保険料が上がります。それは、致し方のないことでしょう。
法人側も、負担する社会保険料が上がりますが、その上がった分は、介護職員に支払う額から引くことができます。

しかし、法人側は、加算で支払われた額に1円でも上乗せして支払わなくてはなりません。

労働基準監督署の指導では、毎月一定額を支払う場合、残業手当の額を決定する基礎額に算入しなさいという話でした。
賞与の場合は、参入しなくてよいということですが、なにか矛盾を感じますね。

2017-05-09 10:56:43

改善加算1

個々人の給与が37000円上がるわけはないでしょ?
加算1の場合の24年以降の積み重ねが37000円であるという意味で、具体的には29年4月サービス提供分から、個々人で約10000円の賃金の上乗せができる程度に処遇改善加算があがる・・ということです。

2017-06-01 14:14:31