介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護マスト

転職、資格・試験、研修に関すること 閲覧数[281] | コメント[4]

ケアマネの合格率

summerさん
今年度のケアマネ試験の合格率、かなり低かったですね。10%ほどでしたっけ??
10人受けて一人しか合格しない時代になったのですね。かなり狭き門ですが、今後もこの合格率はこの水準でキープされるのでしょうか?

もし、そうだとすると、かなり努力しないと合格は困難ですよね~!実際に保持していても、更新しないで失効している人もいると思います。

事業所にとって、貴重な存在になることはやはり変わりないのでしょうか?

2017-02-03 10:05:23

お気に入りに追加

コメント

julyさん

増えすぎたのかな?

年々難関になってきています。私は、ケアマネこれ以上いらないのかな?って思ってしまいます。ケアマネが必要なら、ここまで、合格率が下がるような問題にしないはず…と思うからです。
そうではなく、それだけ質の担保が必要になってきた時代とも言えるかもしれません。結構資質を問われるようなケアマネさんもいると聞きますから。耳の痛い話です。

2017-02-03 22:09:18

Aventadorさん

ケアマネは行政の収入源

ケマアネ資格者が増えれば、それだけ事業所での人数も増え介護保険財源圧迫になるので、厚生省で人数をコントロールする必要があります。明らかに資格保有者は増えていますからね。でも資格保有者は増えても実務者は少ないのが現状。
更新研修の受け入れで行政のキャパシティーを超えるのはいただけないので、各保険者でも調整をしているはずです。
ちなみに、私の法人ではケマアネが足りなくて大変です。

2017-02-03 22:52:21

summerさん

julyさん へ

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、世間では増えすぎたと言われています。
しかし、当施設では相変わらずケアマネ所持者は少なく、このままでは先が心配です。

何を根拠に増えすぎたとしているのでしょうかね~。実際には偏りがあるようにも思いますが・・・。

質に関して言えば、正直ピンきりですね・・・。

2017-02-04 13:51:46

summerさん

Aventadorさん へ

コメントありがとうございます。
こちらのケアマネ不足と同じですね。結局個人の資格ですから、退職して困るのは個人でなく事業所なんですよね。じゃあ、資格所持者を大事にしてくれるような条件かというと、そうでもなく、とても厳しい状況です。

結局はケママネの価値がおれほど高くなる、社会的な地位も評価されていないのでしょうね・・・。

2017-02-04 13:59:27