介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護マスト

経営・管理、営業に関すること 閲覧数[390] | コメント[4]

相次いで退所

summerさん
私は特養で働いていますが、最近あいついで死亡退所されました。退所となれば当然新規利用者を入所の方向へと結び付けないといけませんが、これがまた大変です。昔から退所してから一週間以内に!と言われていました。しかし、今回のように、相次いで退所となると新規の方も探すのが大変です。

特養の待機者なんて多くてこまらないと思う方もいるかもしれませんが、「死亡した」「他の施設に入った」「もう少し頑張る」等でなかなか決まらなくてストレスです!

分かってくれる人居ますか~!!

2017-01-14 09:37:18

お気に入りに追加

コメント

新規利用者探し

特養待機者は多いですが、実際に入所となるとなかなか決まりませんよね!分かります!
死亡したり、他に入所したり、入所できる健康状態でなかったりと・・・。

待機者の人数が多いからといって、すぐに新規利用者が見つかるということは絶対にないと思います。

その辺が数字と現実のギャップなんでしょうね。ただ、家族さんからすればいつまでも待っているという状態にストレスを感じていることもあると思ういます。

2017-01-15 10:42:30

julyさん

意外とタイミングが

入所って、本当にタイミングなんだなって思いますよね。特養待機者は色々なところに申し込みをしている人が多いでしょうから、長期間になると環境が変わっていることも多いと思います。やむを得ず入った施設で体調を崩し、「移りたいけど動けそうにない」というケースもありました。

それが何床も埋めないといけないということであれば、本当に大変ですよね!

2017-01-15 21:55:16

summerさん

きっちょむさん へ

コメントありがとうございます。
やはり、申し込んでいてもその時々でなかなか難しい場合があるのですね。
一番、施設でお願いしたときが、申込みをしたときで、それから時間が経過すると、状況や状態が変化するので実際にそのときが来たときはタイミングが難しいですね!

待機者の人数が多いと言われる割に、新規の方を見つけるのは大変です。

2017-01-16 16:58:53

summerさん

julyさん へ

コメントありがとうございます。

施設側も経営ですから一日でも空きベッドがあるとそれだけマイナスになります。単純に一日一人1万円の利益がない計算になりますからね・・。

あと、すぐに入所したいと申込みをしていても、そのときがきたらすぐに入所してくれないケースもあり困りますね・・・。

2017-01-16 17:01:20