介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護マスト

新規事業、独立に関すること 閲覧数[2,146] | コメント[4]

通所リハビリ事業所設立について

ふみのりさん
現在老人保健施設で理学療法士として勤務しています。今回三重県南部でデイケアを開業しようと考えているところでいくつか経験者の方に質問させていただきたく投稿しました。現在考えているのは定員30名ほどのデイケア施設と訪問リハビリです。デイケア施設として何坪ほどの広さがあればいいのでしょうか?田舎で土地自体はかなり安いので施設の設備等込の建築予算はいくらくらいあればいいでしょうか?また、事業計画書次第かとは思うのですが銀行で全額融資してもらえるのでしょうか?現在持っている500万ほどの自己資金は当面の運転資金にと考えています。わかる範囲でいいのでご指導よろしくお願いします。

2015-07-18 10:31:01

お気に入りに追加

コメント

あい愛さん

デイサービス立ち上げ経験者

介護保険では建設用地の制限があります。例えば市街化調整区域内では地域密着型以外の施設は建設できません。
建物を建てるには建築費の3割の自己資金が必要と思われます。また、すぐには収入は見込めません、1年から2年間の人件費を補う運転資金が必要です。30人のデイケアの場合は一人1坪として、30坪の平面及び附属設備が必要なので、60坪ぐらいはいるでしょうか(浴室込み)。
60坪の建物を建てるとなると、いくら掛かるか?2000万から3000万。大まかに計算して、人件費が30万×7人=210万円×12か月=2520万円 総額5000万円ですね。借りることが出来ても3000万から4000万が限界で自己資金は1000万円以上の現金が必要でしょう。
ちなみに、私は1500万円(銀行:担保なし)+800万円(公庫:保証人あり)+1300万円(自己資金)で現状は小規模デイサービス3年目で月々は黒字にやっと転換したところで内情は火の車です。(2か月遅れの介護保険収入なので)

2015-07-22 15:22:03

ビジネスと考えると?

箱物事業の場合キャパシティに制限がありますので、やればやっただけでの成果はあり得ません。

必ず限界があり、常に老朽化、陳腐化する事、物にお金を掛け続けねばなりません。

修理修繕は当然のこと、美化に関する投資も常に欠かせません。
従業員の出入り普通にありますよね。採用に掛ける費用や、新人教育するにも実質的にお金は掛かりますね!

思いが無ければ出来ない事業だと思います。
思いだけでなし遂げられば良いのですが。

2015-07-28 16:42:06

波風さん

デイケア勤務経験有のデイサービス経営者です。

少しふみのりさんの書き込みではわかりにくいのですが、文面を読むと現在は老健にお勤めの理学療法士さんで「自己資金は当面の運転資金に…」との記載も見受けられることから、ご自身で独立しようと考えておられるのかな?と思います。私の理解が間違っていれば申し訳ございません。

まず、医師以外の一個人が独立してデイケアを運営することは非常に難しいです。理由としましてはデイケア(正式には「指定通所リハビリテーション」といいます。)は医療機関等が実施するもので、事業者として指定を受けるには、病院・診療所または介護老人保健施設であることが必要であるためです。ですので、現在お勤めの介護老人保健施設の中で新たな事業として立ち上げることは可能ですが、ふみのりさんご自身が独立した形でデイケア(通所リハ)を開設することはほぼ不可能だと思います。もし近いもので実施されるのならば、最近流行りの「リハビリ特化型のデイサービス」が一番現実味があります。どうしてもデイケア(通所リハ)に拘られるならばまずは協力して下さる医師を探さないといけませんね。
指定訪問リハビリについても同様(事業者として指定を受けるには、病院・診療所または介護老人保健施設であることが必要)ですが、こちらは指定訪問看護ステーションを開設して「訪問看護ステーションからの訪問リハビリを実施する」という遠回りな方法であれば独立可能です。管理者のできる看護師の雇用は必須になりますが。

2015-07-30 09:04:51

しろさん

老健PT→デイサービス経営者

同じような境遇でしたのでコメントさせて頂きます。私も通常規模のデイケアを考えていたのですが、他の方の言うようにさまざま壁があり、小規模のデイサービスで、リハビリを売りにしております。自分の理想の建物を建てる喜びもわかりますが、デイサービスをやれる土地の広さと家の間取りをみつけたうれしさというのも良いものだと思いますよ。

2015-08-01 21:46:12